イメージ画像


cm.jpg

ザ・シークレットの最近のブログ記事

バイナリーオプション ザ・シークレット実践検証レビュー情報

バイナリーオプション ザ・シークレット実践検証レビュー情報をお届けいたします。

面白そうな商材が出ていました。
最近私の所にも問い合わせがやたらと多いバイナリーオプション。

みなさん興味はあるけどなかなか実践に至らないといった感じでしょうか!?

そんな中で今回見つけたバイナリーオプション商材は
何と自動売買です。

日本国内でバイナリーオプションといえばGMOクリック証券一番なじみがあると思います。

このGMOクリック証券のバイナリーオプションの自動売買ツールも発売されていたりもしましたが
何分まだ規模が小さいため皆が一斉にツールをって売買すると
売り切れという伝家の宝刀がさく裂して購入できないことがあり
結果回数をこなせずトータルで負けてしまうなんてこともあったようです。

その他にも今までのバイナリーオプション関連のツールの欠点を
きっちいり指摘していてかなり期待が持てそうなツールです。


そして今回登場したのがそんな欠点を補ってくれる
バイナリーオプションの自動売買ツールです。

その名もバイナリーオプション ザ・シークレット

かっこいい!(^^)!
まだ実績はわかりませんよ^^;


で、今回のこのバイナリーオプション ザ・シークレットのコンセプト

手堅く1日5分で資金を年間281%にするという自動売買ソフトになります。
年2.8倍程度ですからほかの年100倍だ10万円が1億円だなんていう
商材よりかなりまともということですよね。

年間2.8倍も十分すごいのですがこれを不満に思うあなた!
感覚がおかしくなっている可能性があるので注意すべしです(゜o゜)


そしてどんな取引をしていくのかというと
勝率の高いロジックでとにかく売買回数をこなすことが重要であるそうです。
ここで言われているのは月200から300回の取引です。
ただ売買回数をこなすには手動では難しいということで行き着いたのが
1度の取引金額を抑えて自動売買を使って回数をこなしていくというものです。

そうする事でロジックの予定している勝率にかなり近づくという事なのです。


販売者さんの実績ですがこんな感じです。


資金30万円で毎回5000円での取引を2年間続けた結果。

2010年は年間勝率が59.1%で年間利益926,000円。
2011年は年間勝率が58.8%で年間利益845,800円。
を稼ぎ出してくれたそうです。


肝心のロジックですがすべては公開されていません。

ただ大事なことが書かれていました。


ここから  ↓↓↓↓

バイナリーオプションで勝つために大事なポイントをお教えします。

バイナリーで勝つには、はっきりと相場に方向性が出るタイミングでエントリーする。

これが大事です。


ここまで  ↑↑↑↑


そのタイミングが
1、レンジブレイク時
2、サポート・レジスタンスの反発時


なるほどですね。


余談ですがさらに面白いのが

このバイナリーオプション ザ・シークレットの開発は

マイクロジャパン株式会社 システム開発Dグループの竹富さん
という方が行っているそうなのですが、

以前自社でだしていた

ナイトオブバイナリーという商材を

誤解を恐れずはっきり言います。

あれは糞だと思います。


と言い切っていますね^^;

どうも開発部署が違うらしいですが。。。


冒頭でもお伝えしましたが
完売というリスクに圧倒的な取引ボリュームのある業者を使うことで対応しています。

ただこの業者は日本の業者ではなくSmart Optionという海外業者になります。
マニュアルもサポートもあるのでご安心を!

運用資金は推奨30万円で最低10万円から取引可能
一回の損失を資金の2%以内に抑えるといった手堅い資金管理が大事。


2年間の
●月間の平均取引回数平均297回。
●1日平均約15回程度。
●月間勝率の平均58.9%。
(2年にわたり計7143回売買実績)
●毎月の見込み利益は7万8325円。
(運用資金30万円で、1取引5000円の運用)
●月間の利回り約26.1%
●複数通貨ペア対応



●100%運用スタート保証
●1年間返金保証
●90日間メール回数無制限サポート
●ロジックバージョンアップ時無償対応


とっても話題性抜群のバイナリーオプション自動売買ソフトいかがですか!?


バイナリーオプション ザ・シークレットの詳細・ご購入はこちらから>>>>



こちらでひっそりと実践検証ブログ立ち上げました^^


タグ

, , , , ,

2012年2月29日

masa (11:05) | コメント(0)

カテゴリ:バイナリーオプションザ・シークレット

このページの先頭へ